風のおと?
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • 「おおぎり→大喜利」の変換ができなかった件
    Fuu (01/16)
  • 「おおぎり→大喜利」の変換ができなかった件
    CHARADE (01/16)
  • アカウントがほしくなるとき、それは
    Fuu (01/14)
  • アカウントがほしくなるとき、それは
    CHARADE (01/14)
  • 最近、ごはんかいじゅうにはまってます
    Fuu (09/17)
  • 最近、ごはんかいじゅうにはまってます
    30代だった (09/17)
  • 1年前に書いた文字を見てショックを受ける。
    Fuu (11/01)
  • 1年前に書いた文字を見てショックを受ける。
    CHARADE (11/01)
  • 1年前に書いた文字を見てショックを受ける。
    Fuu (11/01)
  • 1年前に書いた文字を見てショックを受ける。
    かん (11/01)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
RECOMMEND
 
PROFILE
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
大学時代の友人に会社アドレスを知らせなくてよかった理由
 (前回からの続きです)

 私が今の部署に来てちょっと驚いたことは、Eメールアドレスを持っていない社員が大勢いたことです。なぜかというとこの部署では、社外とのメールの必要がある人にしか、アドレスが設定されてないのだそうです(ちなみに社内メールは全員使うことができます)。4年前に今の会社に入社したとき、支給された名刺には当たり前のように「〜co.jp」というメールアドレスが入っていました。そのときは、Eメールアドレスを持たない社員がいるとは思ってもみませんでした。

 先日のこと。会社で自分の書いたメールを読み返していたら、ふと署名部分が気になってしまいました。社名、部署名、自分の名前のほかに職場の住所・電話番号、メールアドレスを列記した、よくあるビジネスメールの署名です。それのどこが気になったかというと、「〜co.jp」というEメールアドレスの部分です。

 考えてみれば、今の部署に異動になった1年半前から今まで、社外にメールを出す機会はありませんでした。「私は以前、得意先とのやりとりのある仕事だったからアドレス持ってるけど、今では持ってる意味ないよなあ……」

 ふと、「もしかして?」と思い、メールソフトの設定を確認してみました。すると……私のEメールアドレス欄は空欄になっていました。ここが空欄というのは、うちの部署にいる多くの社員と同じ状態です。いつの間にか必要性の見直しがされて、システム部門が私のEメールアドレスを取り消していたのです。

 このとき思いました。「大学時代の友人に会社アドレスを知らせなくてよかった」と。もし今そのアドレスに送信されても、受信することはできませんから。そして署名から、「〜co.jp」を外しました。
| 仕事・職場 | 05:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
会社アドレスを伝えたら、さりげなく転職後の会社名を知ってもらえたんだけど。
 数年前の、とある水曜日のこと。大学時代のサークルの友人から、同期会の案内の手紙が届きました。会の日取りは、なんと3日後の土曜日。すでに予定を入れてしまったため、欠席すると連絡しました。

  その後幹事から、同期会の出欠一覧のメールが送られてきました。ccには、同期のメールアドレスがずらり。会社アドレスも多かったです。それを見て「へえ、○○くんってこういう会社だったんだ」とか「○子、転職せずにずっとあの会社なんだ」などと思ったり。

  ふと、「そうか、私も会社アドレスを伝えていたら、さりげなく転職後の会社名を知ってもらうことができたのか」と思いました。でも次の瞬間、「うちの会社、個人情報を扱っていることもあり、私用メールにはうるさいらしい。知らせなくて正解だった」と思い直しました。実際私は、現在の会社アドレスでは、自分の私用アドレスとさえ送受信はしていませんでした。

  さて、先日のこと。「やはり会社アドレスを知らせなくてよかった」と思わせる出来事があったのです……。

 (次回に続きます)
| 仕事・職場 | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
私の席にゴミが放置されていたので
先月の初めごろ、職場で席替えがありました。私は、何脚かの机を並べた一かたまり(いわゆる「島」)の端の席になったのですが、一つ気になることがありました。それは、すぐ隣に紙くず用のごみ箱が置かれていることです。

案の定、ごみ箱が近いことはデメリットでした。なぜなら、ごみを捨てる人がちょくちょくそばに来るので、落ち着かないからです。

でも、それくらいはまあいいです。席替えの翌日の朝のこと、さっそく事件が発生しました。出社してみると、私の机の端に、中にビニールゴミを詰め込んだ紙コップが置いてあったのです。ビニール類用や紙コップ用のごみ入れは、ここからちょっと離れたところにあります。昨夜私の帰宅後に、誰かが「紙ごみを捨てる間、ちょっと置いとこう」と私の机に紙コップを置き、そのまま忘れて帰ってしまったのでしょう。明らかにごみだったので、即刻本来のごみ入れに捨てに行きました。でももう、こんなことは嫌です。どうすれば、ごみの放置を防げるでしょう。

そこで思いついたのが、「卓上カレンダー大作戦」。現在使っているもの、もらったけど使ってないもの、去年使ったものなど合わせて5つを、ごみ箱側の机の端に並べました。こうすれば、紙コップやなんかをちょっと置いておこうという気にはならないでしょう。

さて、それから約1カ月がたちました。対策が功を奏したのか、ごみは放置されずにすんでいます。あ、なぜほかの障害物ではなく卓上カレンダーなのかというと。それはもちろん、薄い写真立てのような形状なので、その上にはものを置くことができないからです。
| 仕事・職場 | 06:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
いままででいちばんいじわるなエレベーター
私が今の職場に配属されたのは1年以上前のことですが、それ以来、ずっと気になっていることがあります。何かというと、エレベーターについてです。

「扉が閉まりかけているエレベーターに乗ろうとして、あわてて壁の△や▽のボタンを押す」そんな場面ってありますが、するとエレベーターはどうなるでしょう。私は「扉が再び開いてくれる」ことを期待します。今までに出会ったエレベーターは、だいたいそうだったような気がします。

けれども今の職場のビルのは、そうではありません。ボタンを無視して扉が閉まってしまうのです。しかも、押したときにランプがついたはずの△▽ボタンが、クリアされてランプが消えてしまうのです。なので、また改めてボタンを押さなければなりません。ああめんどう。

あるいは、「扉が閉まりかけているエレベーターに体などが挟まれてしまう」という場面で。私は「扉がすぐに開いてくれる」ことを期待します。しかし、ここはそうではありません。かなり強く挟まないと、再び開かないのです。

こんないじわるなエレベーターがある職場で働くのは、初めてです。ほかの社員さんたちは不満に思わないのかしらん……(私は「このビルに入っている会社」の社員ではなく「常駐作業している他社の社員」なので、どこかに苦情を言える立場ではないです)。
| 仕事・職場 | 06:43 | comments(0) | trackbacks(1) |