風のおと?
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • 「おおぎり→大喜利」の変換ができなかった件
    Fuu (01/16)
  • 「おおぎり→大喜利」の変換ができなかった件
    CHARADE (01/16)
  • アカウントがほしくなるとき、それは
    Fuu (01/14)
  • アカウントがほしくなるとき、それは
    CHARADE (01/14)
  • 最近、ごはんかいじゅうにはまってます
    Fuu (09/17)
  • 最近、ごはんかいじゅうにはまってます
    30代だった (09/17)
  • 1年前に書いた文字を見てショックを受ける。
    Fuu (11/01)
  • 1年前に書いた文字を見てショックを受ける。
    CHARADE (11/01)
  • 1年前に書いた文字を見てショックを受ける。
    Fuu (11/01)
  • 1年前に書いた文字を見てショックを受ける。
    かん (11/01)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
RECOMMEND
 
PROFILE
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
1年前に書いた文字を見てショックを受ける。
  私は会社で、毎日の出勤時刻や退勤時刻、どの仕事を何時間おこなったかなどの記録をノートに書いています。他人に見せるものではなく、自分だけが読むメモという使い方です。

 先日のこと。ふと1年前の記録が見たくなり、そのころ使っていたノートを引き出しから取り出しました。そして、それを開いた瞬間!……私は軽いショックを受けました。

 なぜならば。そこに書かれていた文字が明らかに、現在使っているノートに書かれているものよりも小さかったからです。たった1年の間に、「近いものが見えづらい」という症状が進んでいることに驚きました。1年前から現在までのノートを見てみると、確かに、少しずつ少しずつ文字が大きくなっていたのでした。

 混雑した電車で携帯電話の文字が見えづらい、というのは1年前以上前から感じていました。最近では、針穴に糸を通すときに(ふだんかけている近視用の)メガネをはずしたりもしてました。けれども、たった1年前からの視力の変化を目の当たりにしてしまうと、やはり年齢を感じずにはいられないのでした。
| 日常 | 05:31 | comments(4) | trackbacks(0) |
閉店するクリーニング店に思う
家の近くのビル内のクリーニング店に、7月XX日に閉店するという貼り紙があるのを見かけました。

なんとなく昔から、「もしクリーニング店が閉店することになったら、預かっている衣類をお客さんに返すのは大変だろうなあ」などと思っていました。その状態が今、目の前の現実となっているのです。

そういえば、10年以上前に当時の地元の某クリーニング店を利用したときのこと。その店では名前は聞かれましたが電話番号は聞かれなかったので、「もし私が服を取りに来なかったらどうするのだろう」とちょっと心配になったものでした。

でもその後は、どこの店でも電話番号を聞かれました。こんど閉店する店でもそうでした。

とはいえ、電話番号さえあればすべて解決、とはいかないでしょう。クリーニングに預けたのを忘れたまま引っ越したとか、携帯の番号を変えたとか、そもそも自分の番号を書き間違えたとか。

そういった、持ち主に連絡のつかない衣類の扱いをどうするのでしょう。お店の人の苦労を想像してしまったのでした。
| 日常 | 13:30 | - | - |
母親教室仲間に宛てたメール
先日のこと、こんな携帯メールが来た(○○、△△の部分は原文では名字)。
「件名:HAPPY☆BIRTHDAY
『○○さん、お誕生日おめでとぉございます!!』どんなお誕生日を過ごしていますか?先日はどうもありがとぉございました。とっても楽しかったです♪次回の母親教室でお会いするのを楽しみにしていまぁす(^-^)△△」

まったく心当たりがないので、迷惑メールだろうかと一瞬疑った。しかし、リンクURLなどはないので、怪しいサイトに誘うものではないようだ。

しかし、「宛先を間違ってませんか」となどと返信を誘うことで、有効なアドレスを収集する……という可能性も考えられなくもない。単なる間違いだろうけども、無視しておくことにした。

念のため、メールの「To:」を確認したら、私のアカウント名の中の"i"だけを大文字の"I"にしたものだった。ボーダフォンのメールアカウントは大文字も小文字も区別してないので私に届いたのだろうが、"l"(エル)と間違うような部分でもないし……(うーむ、謎だ)。

このメールが届いて10日ほど後のこと。また同じ人から間違いメールが来た(△△の部分は原文では名字)。
「件名:ごちそうさまでした!!
こんにちは♪今日は寒いですね。昨日はおいしい手作りお菓子をごちそうさまでした!!甘党の彼と一緒においしくごちそうになりました!!そうそう、簡単メニューでしたが、夕飯間に合いました(笑)メールありがとぉございます。午前中病院で、ワクワクしながら性別を聞いたら『女の子のようにも見えるけど、何だか隠しているようにも見えるから男の子かも…ムニャムニャ…』と微妙な答えが返ってきて、来月までのお楽しみになっちゃいました。それでは、1日お会いするのを楽しみにしていまぁす(^O^)△△」

じつは私には、気軽にメールをやりとりするような友人がいない。そもそも「母親教室」なんてもの自体、妊娠したことがないので縁がない。そんなわけで、△△さんからの間違いメールによって、「私の知らなかった世界」を垣間見た気がした。
| 日常 | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) |